弁理士資格~取得してからが始まり物語

弁理士の仕事についてあれこれ語ります。

弁理士って特許事務所で働く以外に仕事先はないの?

こんにちは。

カトウさんです。

 

ところで、私のブログを読んで下さってるということは、

 

(1)弁理士のお仕事に興味を持っているか、

(2)弁理士の仕事に疑問を感じているか、

 

の、どちらかなのではないではないでしょうか?

 

特に、(2)の方が多いのでは??

 

というのも、私がそうでしたw。

 

 

一つ目の特許事務所では、特許事務と商標担当をしていたのですが、

もともと、理系大学を卒業していたこともあり、特許明細書の担当になりました。

 

それからです。だんだん仕事が辛くなりました。

 

明細書の仕事は技術がメイン。

事務仕事や商標が楽しかった私には、

技術ばかり扱う特許明細書の作成が苦痛でした。

 

弁理士の資格を取れば、

もっと技術の勉強をすれば・・・、

 

と思って弁理士の資格を取り、二つ目の事務所に転職しましたが、

結局、特許明細書の作成が辛い。。

 

このとき、特許明細書の仕事を書き続ける仕事は、

私には合わなかったんだ・・、と初めて認めました。

 

 

このとき、既に28か29歳だったと思います。

今からまた転職なんて、と迷いましたが、

もう一度、と思い転職することにしました。

 

しかし、どんな仕事に転職していいのか分かりません。

なので、まずは転職サイトに登録し、どんな仕事を紹介してもらえるのか

見てみることにしました。

このときは、すぐに転職というよりは、

どんな転職先があるのか調べてみようという気持ちが強かったと思います。

 

最終的に、私は企業の法務部門に転職することになりましたが、

次回は、それまでの経緯をお話ししますね!